SAVE THE TEETH 歯を守る

   

下地歯科ブログ

デンタルグッズ

2021年05月15日 11:38 フロスで歯垢を除去! デンタルグッズ

こんにちは、今福鶴見の下地歯科です。

皆さんは日々の歯磨きの時にフロスをお使いですか?

 

歯磨きでしっかりと磨いていても、

なんと!自分の歯みがきに自信がある人でも 約80%みがき残しありなのです!

歯ブラシとフロスを併用する事で1,5倍の歯垢所除去ができると言われています。

フロスを上手に使う事が、むし歯や歯周病予防になります。

今日は歯ブラシの際に必需品のデンタルフロスの更新します☆

 

Q1 フロスと歯間ブラシ、どちらを使えば良いの?

歯間ブラシにはいくつかのサイズがありますが無理なく動かせるサイズにしましょう。

一番小さいサイズが入らない場合は無理に使用せずフロスを使いましょう。

お口の状態によっても変わりますので詳しくはご相談ください。

 

Q2 フロスと歯間ブラシは使い捨てですか?

フロスは使い捨てです。歯間ブラシは毛先が痛んだり、曲がってしまうまで使用できます。

ただし毎回しっかり洗って、乾燥させてください。

 

Q3 使用すると出血するけど大丈夫?

出血の原因はプラークの中にひしめく細菌が引き起こす歯茎の炎症です。

つまり、フロスなどをきちんと使い続けて清潔になれば出血は治まってきます。

ただし、しばらく使って治まらない場合は歯科医院にご相談ください。

 

当院にも受付にフロスを販売しております★

使い方やどんなフロスが合っているかは、ご相談下さい。

 


2020年11月11日 13:51 歯ブラシの買い替え デンタルグッズ

こんにちは、下地歯科です。

歯ブラシを替えるタイミングありますか?

この様なご質問がありました。

歯ブラシは基本的に2週間で替えるのが理想です。

歯の先が広がった状態ですと、菌の増殖が起こり衛生的に良くありません。

月に2回、買い替える事が良いでしょう(^^)

自分に合った歯ブラシやフロスを正しく使い、ホームケアを行うと、虫歯、歯周病予防に効果的です。

歯ブラシ1本で予防の仕方が大きく変わりますので、検診の際にご相談下さい。


2020年09月15日 12:15 フッ素入りの歯磨き粉 デンタルグッズ

こんにちは、下地歯科です。

 

フッ素入りの歯磨き剤が市販されていますが、むし歯の予防に有効なのか?

 

この様なご質問をいただきました。

 

フッ素が(むし歯の予防に有効なのは次のような理由からです。

 

①歯の表面にフッ素が作用すると、むし歯菌が作る酸に対して歯が溶けにくくなる。

 

②フッ素そのものに細菌が増えるのを抑える作用がある。

 

③ いったん、歯の表面が溶けても(脱灰)、フッ素が持続的にはたらくと、もとに戻る作用(再石灰化)がある。

 

理想は、1日2回 以上フッ素入りの歯磨き剤を使用し、ブラッシング後、うがいをしすぎたり、すぐに飲食しないように注意しながら使用する事です。

 

おうちでの予防ケアは、出来るだけむし歯や歯周病予防に有効なものを使いたいですね♪

デンタルグッズのご相談はぜひ、お気軽にお声がけ下さいね(^^)


2020年07月15日 12:29 フロスの役割 デンタルグッズ

こんにちは、下地歯科です。

 

フロスは、歯ブラシだけでは取り除けない汚れの付着を取ってくれる優秀なデンタルグッズです。

 

歯と歯の間の汚れは、歯ブラシだけでは取り除く事が難しく、このフロスを併用する事で、歯垢の除去率がグンと上がります。

 

https://clinica.lion.co.jp/yobou/shikou-otoseru/

ライオンのサイトに分かりやすく、説明がありましたので転用します。

 

フロスとハブラシの併用で歯垢除去率大幅アップ!

 

フロスとハブラシの併用で歯垢除去率は1.5倍にもなります。

 

予防歯科先進国のスウェーデンでは2人に1人が、普段からデンタルフロスを使用しています。

30%もアップするんですね!

歯を失う原因のむし歯と歯周病。

このむし歯と歯周病を予防してくれるアイテムとして、フロスはとても優秀です(^^)

フロスにも様々な種類がありますので、是非、お使い下さいね☆

 

 

 


2019年10月02日 16:31 お勧めの歯ブラシ デンタルグッズ

こんにちは、今福鶴見の下地歯科です☆

 

当院のお勧め歯ブラシのテペ(TePe)のご紹介を致します!

 

テペ(TePe)は、スウェーデン・マルメの口腔衛生用品メーカで、当初から大学や歯科医師・歯科衛生士と協力して、歯間清掃や予防歯科に焦点を当て、より高品質で機能性の高い口腔衛生用品の開発してきました。

 

 

テペのはじまりは、1965年、木工職人のHenning Eklundがマルメ大学歯学部から依頼を受け開発した、機能性の高いウッドスティックです。

それから歯ブラシや歯間ブラシなど様々な口腔衛生用品を扱うようになり、今では60カ国で販売され、多くの歯科従事者の支持を得ています。

 

 テペの歯ブラシは、独特の台形状のブラシヘッドと、自然に最良のグリップを得られるハンドルによりが特徴。奥歯にも届きやすく、誰でも簡単に効果的なブラッシングが出来ます。

 また、毛先にはラウンド加工という歯茎を痛めない工夫が施されており、長年使用しても歯と歯肉を傷めない快適な歯磨きを可能にします。

 

 テペ ベーシックシリーズは、ヘッドサイズ3種類・毛質3種類の中からお選びいただけます。

テペの歯間ブラシは、多くの症例に対応できるバリエーションがあります。

 

発売から25年が経ち、今では世界中の歯科従事者がオススメする歯間ブラシです。

 

人間工学に基づいて作られた持ちやすいハンドルと、密度の高いフィラメントが特徴です。

 

是非、一度お試しくださいね☆

 

 


下地歯科

CONTENTS